ページ

2018年6月22日金曜日

「俺は知らなかった。あいつ等は

俺を誘わなかった。おそらく俺が新婚の身だったのを、いたわったのだろう。加納も、本間も、山口もだ」
麗子は良人の親友であり、たびたびこの家へも遊びに来た元気な青年将校の顔を思い浮べた。
「おそらく明日にも勅命が下るだろう。奴等は叛乱軍の汚名を着るだろう。俺は部下を指揮して奴らを討たねばならん。……俺にはできん。そんなことはできん」
―― 三島由紀夫『憂国』

軍人の妻たる者は、いつなんどきでも

良人(おつと)の死を覚悟していなければならない。それが明日来るかもしれぬ。あさって来るかもしれぬ。いつ来てもうろたえぬ覚悟があるかと訊いたのである。麗子は立って箪笥の抽斗(ひきだし)をあけ、もっとも大切な嫁入道具として母からいただいた懐剣を、良人と同じように、黙って自分の膝の前に置いた。これでみごとな黙契が成立ち、中尉は二度と妻の覚悟をためしたりすることがなかった。
―― 三島由紀夫『憂国』

2018年6月17日日曜日

赴援隊として入った反乱側の

三連隊の中橋中尉と守備についていた第一連隊の大高少尉が(宮城守備隊)本部でお互いに拳銃を抜いて対峙する緊迫した状況も現出した。ところがついに中橋は一発も撃たなかった、いや撃てなかった。
すでに人を殺してきていますが、さらに殺人を重ねるというのは大変なことだった。結局、青年将校たちがいちばん企図したところの宮城占拠計画が失敗する。
『昭和  戦争と天皇と三島由紀夫』

「ニ・ニ六事件」が起きた瞬間に、

昭和天皇は背広から軍服に着替えた
『昭和  戦争と天皇と三島由紀夫』

一九四四年の二月には、

トラック島ではほとんど日本の航空基地が機能しない状況となる。焦る東條はサイパンを守る守備隊のところに絶対国防ラインを敷いた。とくにサイパンは「東條ライン」と称して難攻不落の防御線を敷いていると天皇に報告している。ところが現実には、ただ海辺に穴を掘っただけの代物でした。
『昭和  戦争と天皇と三島由紀夫』

2018年6月10日日曜日

満洲軍総司令官大山巌は、

いよいよ出征にさいして、海軍大臣山本権兵衛に念を押しています。
「戦はなんとか頑張ってみますが、刀を鞘におさめる時機を忘れないでいただきます」
(日露戦争)当時の日本の人たちの冷静な計算、戦略には見るべきものがたくさんあります。
(……)

翻って太平洋戦争の日本人は……残念ながら、戦争の終結の方法なんて一切考えなかった。「ドイツが勝ったらアメリカも戦意を失う、終戦できるだろう」と他人のフンドシをあてにした。ドイツが負けたらどうするんだなんて、誰も考えてないんです。日露戦争前にはあれほどよく考えた日本人が、昭和になって実に安易であった。無責任であった。
(……)

「戦争はやってみなきゃわからないんだ」(開戦時の永野修身軍令部総長の言葉)
『あの戦争と日本人』

2018年6月9日土曜日

軍人にも、わたくしが非常に立派な昭和人だと

思う人はいます。今村均大将、井上成美大将、小沢治三郎中将……彼らの戦後の生き方は、やはり日本人のいいところを示しました。あのようなバカげたことはもうしない、と戦争責任を真っ正面から受け止めてね。わたくしは、昭和の人にも、この断絶としっかりと立ち向かった人たちに限っていえば、自制と謙虚の美しい昭和の精神があったと思いますね。
『あの戦争と日本人』